「山陰本線 とある風景(湯玉駅付近)」HOジオラマ その4(最終回)

 (続き)

 なんか台風が近づいているようですね。ここしばらくずっと雨(曇りも含めて)でしたし。

 このジオラマもまあ気にすれば細部に手を加えるところもいくつかあるのですが、特別注文していたディスプレイケースが今日届きましたので、これを区切りとしてそのケースにひとまず収めて完成ということにしました。

 天気のいい日に外で写真を撮りたかったのですが、これから数日も天気が悪そうなので先ほど外の雨音を聞きながら家の中で写真を撮りました。

DSC00001_convert_20171021162727.jpg 

       ジオラマの大きさや高さに合わせて製作してくれるまさにオーダーメイドのケースです。
       今回は横浜市にある会社に注文しました。まさに計った通りの出来です。

DSC00004_convert_20171021162801.jpg  

       早速入れてみました。土台も背景の高さもぴったりです。

 で、肝心の機関車を置いてみて仕上がりです。達磨の目玉を入れる心境です。

 その前に例の写真をもう一度。

螻ア髯ー譛ャ邱夲シ、・包シ狙convert_20171009144424 

       この写真に少しでも近ければ……。

 一枚きりしかアップしません。しつこく載せません。
 これがその風景のジオラマです。完成!

DSC00011_convert_20171021162859.jpg 

       山陰本線 とある風景(湯玉駅付近) 昭和49年8月3日

 
(最終回)
スポンサーサイト
[ 2017/10/21 16:59 ] 鉄道模型 | TB(-) | CM(0)

「山陰本線 とある風景(湯玉駅付近)」ジオラマ その3

 
(続き)

 いよいよ完成が近づいてきました。
 家の裏に樹木を配置してみました。実際はあったかどうかはわかりませんが、まあだいたいこのような感じでしょう。
 そしてこの時点でジオラマの台の縁を化粧紙(レザック紙  深緑色)で覆いました。写真では緑の部分です。


DSC00002_convert_20171015173738.jpg 

     まだまだ地面の細部は荒いところが目立ちます

DSC00001_convert_20171015172428.jpg 


DSC00008_convert_20171015172505.jpg 

       全体的にはまあ気に入った出来になってきましたが、もう少し塗装とか
      地面を修正しなければならない部分もあります。手っ取り早い方法は草の表現に
      することでしょうか。


DSC00010_convert_20171015172535.jpg 

       もとの写真に一番近いアングルはこれでしょう。
       最終的には光の加減を考慮して撮影しましょう。
       その時にはD51が走っているはずです。



     蛇足になりますが、ついでにフィギュアも置いてみました。
     その当時普通だった「かつぎや」のおばさんと家の人が話しているイメージです     

DSC00011_convert_20171015172559.jpg 

 左の家の人は家屋に付属のフィギュア、右の「かつぎやさん」は「さかつう」さんの商品です。


DSC00013_convert_20171015172636.jpg 

     ついでに1/80のオート三輪トラックも。この当時はこんな風でしたね。

 さて次回はいよいよ機関車を配置してみます。まだこのジオラマ上に一回も置いたことはないので、
とても楽しみです。うまく写真も撮れるでしょうか。


(続く)



[ 2017/10/15 20:49 ] 鉄道模型 | TB(-) | CM(0)

「山陰本線 とある風景(湯玉駅付近)」ジオラマ その2

(続き)

DSC00006_convert_20171009164831.jpg 

 家屋ですが、そのままただ配置するだけでは面白くないので、障子戸を半分開いた状態に改造しました。少しのことで情景に動きが出ます。

DSC00007_convert_20171009164900.jpg 

       同時に障子らしく白い紙を張ってみました
       家の中が見えてしまうので簡易に床と天井も作りこみました(写真ではわかりませんね)


 農具小屋的な建物も配置。いろいろなところの部品からの寄せ集めです。

DSC00003_convert_20171009164930.jpg 

       井戸のポンプは家屋の台座に付いていたものを切り取って使用


 線路の向こう側の電柱はすんなりと立てましたが、線路手前の電柱はどうするべきか。

DSC00004_convert_20171009165000.jpg 
   
       電柱はプラモデルのランナーを適当な長さに切って製作
       碍子、変圧器などはNゲージのものを使用

DSC00005_convert_20171009165036.jpg 

       手前の土手下に電柱を立てるかどうか考え中。


 写真にできるだけ忠実にするなら立てるべきですが、車両展示台も兼ねているので手前にあればちょっと目障り。
 しかし写真忠実優先で立てることにしました。でもここだけ特別にこだわることはないんですけどね。そもそも家屋の形も小屋の形も言ってみれば違うんだし。

DSC00001_convert_20171009165121.jpg 

       熟考?の上、立てることに決定! 立てればそれなりの効果がありそう。

 電柱を立てた限りはまあ簡単な電線でも家に引き込みたいところ。


DSC00002_convert_20171009165150.jpg 

       写真ではちょっと見えにくいですが、勝手口の上に引き込みを。

DSC00006_convert_20171009165225.jpg 

DSC00008_convert_20171009165251.jpg

 それから家の左右に垣根も作ってみました。

 地面に直接立てた物干し場は昔よく見た風景。
洗濯物を物干し竿に通して、二股になった棒竿で掲げます。

DSC00001_convert_20171009165330.jpg


 模型でも物干し竿には洗濯物があればいいなあ、ということで紙やアルミホイルで着物やタオルを作りました。
なんとなく感じがでてると思いませんか(自己満足の世界)。

DSC00002_convert_20171009165411.jpg

(続く) 

[ 2017/10/10 10:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

「山陰本線 とある風景(湯玉駅付近)」HOジオラマ その1


 前回ブログの滋賀旅行の後、一人住まいの父親が倒れて入院。
急遽手術の結果、命には別条なくも只今リハビリ入院中。
来週には別の皮膚手術も受ける予定。
こんなことで私も忙しく、お休みの日もどこにも行けずじまいでした。

 そこで家でできる事と考え、以前から製作したいと思いながらも、なかなか着手できなかったジオラマを作ることにしました。

 そのテーマは次の写真です。
これは昭和49年8月、山陰本線に蒸気機関車を撮影に行った際の一コマです。

  螻ア髯ー譛ャ邱夲シ、・包シ狙convert_20171009144424 

       山陰本線 湯玉駅付近  昭和49年8月3日

 ただしこの写真は私が撮影したものではありません。その時、友達4人(私も含めて)で行ったのですがそのうちの一人、K君は鉄道ファンでもなんでもない、ただの同行者。この撮影旅行には似つかわしくない人物でしたが、その彼の作品なのです。
 彼はカメラには多少興味はあったものの我々の持っている一眼レフとは違う、全く普通のカメラ。先にも書いたように鉄道ファンでもなんでもありません。

 そんな彼が写したこの写真、「いい写真を撮ってやろう」とか、「アングルを考えて」とか何もそういうことを考えない、全く欲のない写真、たまたまSLが来たので農家の庭先から撮ってみた、という感じの写真。
 他人の撮った写真なんですが、私はそのころからたいへん気に入っていました。その焼き増した写真をずっと大事に保管してきたものです。
 その彼も今はもうこの世にいません。
 この風景を写真だけでなく何とか模型でも表現したいと思っていました。


 思い立ったがなんとやらで、早速取かかってみました。今回はHOサイズで作ってみます。
その製作記録を写真を中心に何回かに分けてご紹介しましょう。


DSC00001_convert_20171009144919.jpg 

     先ずはスタイロフォームを切り出して写真に近い地形(土台)をこしらえます
     レールはフレキシブルレールを適度な長さにカットしています
     バラストをまいたレールも含めて大雑把に着色してしまいます
     


DSC00001_convert_20171009145023.jpg 

     先ずは線路の土手と、家屋のある庭以外をコースターフやファーリッジなどで
     草むらを表現してゆきます


DSC00003_convert_20171009145121.jpg 

     家屋の位置をだいたい決めておきます
     この家屋は、TOMYTECの建物コレクション80「母べえ」を組み立て、少し
     着色したものです



DSC000010_convert_20171009145201.jpg 

     一気に線路の向こうの裏山もフォーリッジを接着し山らしくしてゆきます

     
 (続く)

[ 2017/10/09 15:20 ] 鉄道模型 | TB(-) | CM(0)

電気検測試験車クモヤ


 9月18日、外出の帰り道に日根野駅に停車中の「電気検測試験車」に出くわしました。
クモヤ442-2+クモヤ443-2です。この列車のその日の行動はわかりませんが、このあと日根野電車区に入っていきました。

IMG_0001_convert_20170919150122.jpg 

IMG_0006_convert_20170921114905.jpg
[ 2017/09/22 21:15 ] 鉄道車両撮影 | TB(-) | CM(0)