「春の北海道三大岬めぐり四日間」(その2)

(続き)

 二日目は、稚内を出発し、先ずは宗谷岬、その後オホーツクラインで北海道の東側を下ります。途中、クッチャロ湖、紋別でお昼ご飯、網走・天都山を経て阿寒湖温泉まで行きます。 クッチャロ湖は日本最北のラムサール条約指定の湖で白鳥などがたくさんいます。屈斜路湖(くっしゃろ湖)と名前は似ていますが別の湖です。

 先ずは宗谷岬。 ここに来るのは2回目です。

DSC00036_convert_20180515094817.jpg

 天気が良ければ樺太がよく見えますが、この時は曇りがちで肉眼では何とか陸地らしきものが見えましたが
写真では写りません。

DSC00035_convert_20180515094728.jpg 

 モニュメントの前(上?)で記念撮影。バスガイドさんがすべての参加者を家族ごとにを写してくれます。

IMG_0018_convert_20180515094637.jpg

 江戸時代に稚内から樺太に渡った間宮林蔵の像


 DSC00038_convert_20180515094858.jpg  

 今回、気温は 3.9 度。  前回は 6月で 8.9度でした。


 宗谷岬からオホーツク海を見ながら下っていきます。
 
DSC00042_convert_20180515142957.jpg 

 オホーツク海

IMG_0023_convert_20180515095105.jpg 

 宗谷岬から約1時間でクッチャロ湖に着きます

IMG_0025_convert_20180515095430.jpg 

 我々のバスが着くとすかさず売店の方が鳥に与える用のパンを販売に来ます。
 大抵の旅行者はこのパンを購入し、白鳥をはじめとする鳥たちに与えます。
 鳥たちもそれを知っているので早くから結構近くまで寄ってきます。

IMG_0032_convert_20180515095514.jpg 

 この後、お昼ご飯を紋別の「紋別セントラルホテル」でとり、網走方面を目指します 

DSC00044_convert_20180515142924.jpg 

 途中サロマ湖の湖畔を走ります

IMG_0046_convert_20180515095900.jpg 

 網走・天都山 ここの展望台からは網走市街や知床連山、オホーツク海を望めます

IMG_0041_convert_20180515095741.jpg 

  知床方面とは反対側には網走湖、能取湖が見えます

DSC00050_convert_20180515095940.jpg 

 地図上方の湖が能取湖、下側が網走湖

DSC00049_convert_20180515143826.jpg 

 知床半島は霞んでいて見えませんでした

IMG_0044_convert_20180515095823.jpg 
 
 網走刑務所方面 白い建物の塊が刑務所  周りが塀で囲まれています


 さて今日も随分バスで走りましたが、今夜の宿のある阿寒湖温泉へ向かいます
 ホテルまでは約1時間半ほどです

DSC00052_convert_20180515100019.jpg 

 網走から阿寒湖へ向かう途中で見たキツネ

DSC00058_convert_20180515100056.jpg 

 今夜の宿 阿寒湖温泉ホテル「御前水」(写真は翌朝撮影)

IMG_0048_convert_20180517111308.jpg 

 部屋から見る阿寒湖

DSC00057_convert_20180515100124.jpg 

 夕食 「石狩鍋付き北海ご膳」


 夕食後はアイヌの民芸品のお店回り、その後、家内はマッサージ、私は部屋飲み


(続く)
スポンサーサイト
[ 2018/05/15 14:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

「春の北海道三大岬めぐり四日間」  (その1)


 「春の北海道三大岬めぐり四日間」というツアーを見つけて申し込んでいたのを先週行ってきました。 
 このツアーの三大岬とは「宗谷岬」「納沙布岬」そして「襟裳岬」です。

 「ツアー = 団体さん」 というイメージなので団体行動が好きでない私にとっては少し不安でしたが、その不安を払しょくしてくれる旅となりました。岬だけでなく行く先々でのバスガイドさんの細かい名所案内があり、ツアーならではの楽しさも満喫しました。

 行った先が北海道だけに、ツアーのバスの「行動力」というか「機敏性」もあらためて認識しました。個人の旅行で鉄道やタクシーを使いながらでは日数といい、かかるお金といい半端なものではありません。またレンタカーにしても運転するのがとても好きならばいざ知らず、北海道の広い大地を目的地に向かって黙々と運転していくのは、現在の私にとっては少し無理のようです。

 ツアーの予定の少々慌ただしいのを我慢すれば、景色を見ながら一杯飲んで旅をすることができます。

 それでは一日目からいきます。

 一日目は、関西空港から新千歳空港へ。そこからはバスで「道央道」と一般道を経由して稚内まで行きます。


IMG_0001_convert_20180515093355.jpg 

 関西空港からの出発時は雨です  機種はボーイング737-800

DSC00001_convert_20180515093428.jpg 

 今は雨ですが北海道は天気が良いはずです
 
DSC00007_convert_20180515113604.jpg 

 離陸してすぐに青空が見えてきました  しかし雲は多いです

DSC00013_convert_20180515093547.jpg 

 津軽半島上空を飛行中 見えているのは下北半島
 もう間もなく北海道です



DSC00019_convert_20180515093625.jpg 

 無事に千歳空港に着陸しました  快適なフライトです



 千歳空港では同じツアーのお客さんですが伊丹空港からくる人、神戸空港からくる人と
合流の上、観光バスに乗車します(バスはハマナス観光バス)。
 

DSC00021_convert_20180515093729.jpg 

 稚内へ向かう途中に、羽幌線の線路が見えます。
 すでに廃線になっているのですが、今にも列車が走ってきそうです。


DSC00022_convert_20180515093805.jpg 

 小平(こびら)町 にしん文化歴史公園 国道をはさんで向かい(写真では手前側)に道の駅があります

DSC00023_convert_20180515093835.jpg 

 道の駅の隣にある国指定重要文化財「ニシン番屋 旧花田家番屋」
 道の駅での停車は主にトイレ休憩  もう少し時間があれば見てみたい所もたくさんあります

DSC00025_convert_20180515093912.jpg 

 こちらが道の駅「おびら鰊番屋」 隣の旧花田番屋を模して建てられています

DSC00028_convert_20180515093952.jpg 

 さらに走って道の駅「てしお」(天塩町)

IMG_0008_convert_20180515094039.jpg 

 稚内に近づくと「利尻富士」が見えます

IMG_0010_convert_20180515130332.jpg 

 進行方向に向かって左には「利尻富士」、右はサロベツ原野(サロベツ原生花園も)が見られます

IMG_0011_convert_20180515094111.jpg 

 途中で何度か鹿の群れに出くわしました  最初は珍しいのですがだんだん慣れてくると
「ああ、鹿ね。」という感じになってきます

IMG_0015_convert_20180515094144.jpg

 「ノシャップ岬」 今回ツアーの三大岬には含まれませんが、おまけみたいな感じです。
 旅行三日目に立ち寄る「納沙布岬(ノサップ岬)」と名前が似ていますが場所が違います。 

IMG_0016_convert_20180515094220.jpg 

 「ノシャップ岬」灯台 しかし地味な岬でした 寂しさが売りみたいな。

DSC00033_convert_20180515094448.jpg 

 これが今晩の宿「ホテル滝川」 ほぼビジネスホテルみたいです
 しかし温泉大浴場やレストラン(食堂に近い感じですが)もあるところが一般のビジネスホテルとの違いでしょうか
 (写真は翌朝に撮影したもの)

 夕食は毛ガニ、ズワイガニに加え稚内名産「タコしゃぶ」などもありました。ここらで北海道を感じ始めました。
 しかし、朝和歌山を出て夕方には日本の最北端に来ているのですから、すごいものです。

(続く)

[ 2018/05/15 10:20 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

鉄道唱歌 二 ~ 三番


東海道編 二

右は高輪泉岳寺
四十七士の墓どころ
雪は消えても消えのこる
名は千載の後までも

四十七士といえば、当然赤穂浪士の討ち入りですが、これに関連の三波春夫の浪曲「俵星玄蕃」の歌詞(というか台詞)、「『先生!』」『おおっ、そば屋か!』」を思い出します。唱歌2番はさらりと行きます。泉岳寺も行ったことないし。



東海道編 三

窓より近く品川の
台場も見えて波白く
海のあなたにうすがすむ
山は上総か房州か

海のあなたに「臼が住む」ではなくて「薄霞む」です、念のため。

蜩∝キ晢シ域擲莠ャ讖滄未蛹コ・雲convert_20180314094617

 田町~品川間にあった東京機関区。東京機関区には主に旅客列車用の機関車が配置され、電車は田町電車区、客車は品川客車区に配置されていました。それとは別に品川機関区というのもあったそうです。
 写真は昭和58年に撮影。機関区のそばにあった高層マンション?の上層階から撮影したものです。


蜩∝キ晞ァ・€€EF・包シ假シ托シ・・具シ費シ論convert_20180505153137 

 品川駅 このEF58の重連回送は人気がありました  宇都宮区(田端だったかもしれません)のEG付と
 宮原区のSG付きとの組み合わせでした
 撮影:昭和59年1月 



[ 2018/05/05 15:37 ] 番外編 | TB(-) | CM(0)

西伊豆土肥町「富嶽群青」に宿まる(その4)

(続き)

 二日目の朝ですが、今日も晴れてはいるのですが、少し霞んでいます。

IMG_0076_convert_20180423115324.jpg


 さて、朝食の時間です。
 私たちは九時ごろには宿を出たいので、食事の時間を無理を言って少し早めていただきました。
 スタッフの方々の心遣いもあり、ゆっくりといただくことができました。
 

DSC00079_convert_20180415101827.jpg 

DSC00080_convert_20180415101857.jpg 

     和食です。一見少なく見えますが、お腹いっぱいになりました。

DSC00083_convert_20180415101933.jpg 

 食後は出発の準備をしながら、この部屋からの最後の富士山を眺めます。
 駿河湾はまさに「群青」色でした。   

IMG_0080_convert_20180423115402.jpg 

 フェリー乗り場まで、また宿のスタッフが車で送ってくれます。

IMG_0084_convert_20180414160427.jpg 

 今日もフェリー「富士」号で清水港に戻ります

DSC00085_convert_20180423120255.jpg 

 清水港には今日は「STAR LEGEND」が入港していました。
 別の大型豪華客船も港外で入港待機をしていたようです。


 清水港-清水駅間のシャトルバスで一旦清水駅に戻り、清水駅付近の「清水魚市場 河岸の市」あたりの
海鮮食堂でお昼にする予定でしたが、宿の朝食がたっぷりでまだお腹が空いていませんでしたので、そのままタクシーで
日本平に行きました。

IMG_0085_convert_20180423115444.jpg 

  日本平から見る富士山なのですが、やはり霞んでいてよく見えません

DSC00088_convert_20180424160622.jpg 

  こういう風に見えればよかったんですが…

IMG_0088_convert_20180423115523.jpg 

    レンズをアップにしてみると、少しだけ白が濃いところが富士山の雪(頂き)の部分です

DSC00090_convert_20180423115953.jpg 

 日本平から久能山へロープウェイで移動します。

DSC00091_convert_20180423120520.jpg 

  ロープウェイの窓からは駿河湾に面した「いちご海岸通り」のビニールハウスなどが見えます

DSC00094_convert_20180423120053.jpg 
  
   ロープウェイ久能山側乗降場からはそのまま久能山東照宮の境内につながっています

IMG_0091_convert_20180423115604.jpg 

  久能山東照宮「桜門」

DSC00096_convert_20180423120123.jpg 

  「日枝神社」



IMG_0092_convert_20180423115642.jpg 

  階段が非常に多いですので杖を借りている方も多かったです   写真は「唐門」

IMG_0094_convert_20180423115756.jpg 

  「御社殿」権現造の国宝に指定されています
  この本殿の裏手に少し入った所に、徳川家康が西向きに葬られたという「神廟」があります

  再び久能山側から日本平にロープウェイで戻り、静岡駅までは路線バスがありますのでこれを
  利用します。 
  とてもいいタイミングでバスがあり、予定通りの「ひかり475号」に乗ることができました。


DSC00098_convert_20180423120155_convert_20180423121716.jpg 



DSC00099_convert_20180423120224.jpg 

 とりあえず「自由席」を取っていたのを「グリーン」に変更しました。これで楽に帰れます。

 今回の旅行は、「富嶽群青」に泊まりに行くことが目的でした。うまくいけば富士山が見えるかな、と
いう感じでしたが、霞んでいたにせよ天気も良くとにかく富士山が見えてラッキーでした。
久能山も一度訪れてみたい場所のひとつでしたのでその機会に恵まれました。
 またほかにもこのような富士山の見える露天風呂付き部屋のあるお宿を探してみたいと思います。


(終わり)


[ 2018/04/23 12:19 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

西伊豆土肥町「富嶽群青」に宿まる(その3)

 (続き)

   今度はお食事の紹介  興味のある方は参考にご覧ください

   夕食も朝食も宿泊する部屋とは別に個室が用意されています
   ここの夕食はフランス料理のフルコースです
   今夜のお料理は ~「土肥」大地と潮の薫る旬彩な味覚の奏膳 ~ 

   文中のお料理の説明はすべていただいたメニュー通りに紹介しています


DSC00053_convert_20180415100851.jpg 

   ほかの宿泊客とは完全に分離された個室なので、とても落ち着いた雰囲気でいただけます
  
   

DSC00052_convert_20180415100819.jpg 



DSC00054_convert_20180415100942.jpg 

     ~Amuse Gueule~   前菜の前にだされるいわゆる「お店からのおもてなし」です

     ・国産ホワイトアスパラガスのパンナコッタ  雲丹、キャビア、コンソメジュレ

     

DSC00056_convert_20180415101038.jpg 

     ~Les Entrees~ 前菜 (※ 本当のメニューのEntreesの一つ目のeにはアクサン・テギュがあります)      

     ・駿河湾産赤座海老と煮鮑 春キャベツのアンティーブ風サラダ フェンネル風味


DSC00057_convert_20180415101114.jpg 

     これはパンです  



DSC00058_convert_20180415101147.jpg 

    ここでお造りが登場  

    ・本日水揚げされた特選地魚、本鮪



DSC00059_convert_20180415101224.jpg 

   ~Les  Poissons~ 魚料理

   ・相模湾産甘鯛の鱗付きカリカリポワレ アメーラトマトのエマルジョンソース 季節野菜を添えて



DSC00060_convert_20180415101253.jpg 

   ~Granite~  (※ 本当のメニューの最後のeにはアクサン・テギュがあります)

   ・お口直しの氷菓 桜とグレープフルーツのグラニテ

   Granite は「岩にようにぶつぶつした」という意味ですが、氷のお菓子でしたので
   そのような名前になっているのか、本来フランス料理にある名前なのか私は知りませんが
   口中がさわやかになり次の料理への仕切り直しなのでしょう
 

DSC00061_convert_20180415101328.jpg 

   ~Le Plat principal~ メインディッシュ

   ・しずおか和牛 フィレステーキ  新玉葱のシャリアピンソース


DSC00063_convert_20180415101403.jpg 

   ~お食事~ 「炊き込みご飯」または「フランス産チーズ 三種盛り合わせ」から選べますが、
   私はご飯のほうをチョイス

   ・桜海老と筍の炊き込みご飯 赤出汁 香の物


 いよいよ最後のほうになってきました

DSC00064_convert_20180415101435.jpg 

   ~Les  Desserts~   デザート

   ・バニラ風味の葛餅とフランボワーズのソルベ ココナッツミルクのスープ仕立て


DSC00065_convert_20180415101512.jpg 

   ~Cafe The et Petit Fours~ (※ 本当のメニューのCafeのe、Theのeにはアクサン・テギュがあります)

   ・コーヒー又は紅茶 プティフールと共に


  いただいたメニューには今日の日付と料理長のお名前が記載されていました。


  以上が夕食でした。 これにビールやワインなどたくさん飲んでしまいました。


 部屋にももちろん冷蔵庫はあるのですが、その中の飲み物、食べ物はすべてフリー。
 そう、すべてサービスです。

DSC00077_convert_20180415101748.jpg 

  棚には今はやりのコーヒーメーカーや


DSC00076_convert_20180415101650.jpg 

  冷蔵庫にはビールをはじめとするアルコール類やジュース、牛乳、プリンまで
  (この写真を撮影した時はすでにビール2本と牛乳1本飲んでいました)


DSC00069_convert_20180415101545.jpg 

   夕食が終わり部屋でしばらくすると「稲荷寿司」が届けられました
   夜食にどうぞ、とのことです

 本当に「至れり尽くせり」感120パーセントです。


(続く)

[ 2018/04/20 10:33 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)