鬼怒川・日光・草津旅行




三日目


  今日は長野県上田市の上田城跡、長野善光寺を訪れます。
  上田城の「千本桜まつり」そして土曜日ということで多くの人出が予想される為、ホテルの出発が
  約45分早められました。


DSC00159_convert_20170422132537.jpg 

       上田城跡  桜はちょうど真っ盛りでした


DSC00164_convert_20170422132617.jpg 

       これは「江戸彼岸桜」というそうです   後ろは北櫓



DSC00167_convert_20170422132648.jpg 

       東虎口櫓門



DSC00168_convert_20170422132746.jpg 
       南櫓  こちらはソメイヨシノ



DSC00171_convert_20170422132815.jpg 

       城内から北陸新幹線も見えます



DSC00178_convert_20170422132842.jpg 

       西櫓



DSC00180_convert_20170422132913.jpg 

       「上田城千本桜まつり」でたくさんの露店が出ています



DSC00182_convert_20170422132716.jpg 

       東虎口櫓門城内側



DSC00186_convert_20170422132947.jpg 

       西櫓を城外芝生広場から

DSC00172_convert_20170427142726.jpg 
  
       城内には「眞田神社」があります。「落ちない城」ということで受験生に人気とか。




  次の観光先は長野善光寺です。その前に「峠の釜めし」で有名な「おぎのや」にて昼食です。
  

DSC00192_convert_20170422133026.jpg 

       おぎのや長野店


DSC00189_convert_20170422133106.jpg 

       私たちは団体用の専用席でいただきました

DSC00190_convert_20170422133146.jpg 

       約30数年前、信越本線の横川駅で食べたのを思い出します。
       その当時はそこを通る全列車に峠を上るためのEF63重連が連結されました。
       その時間に売られていたまさしく「峠の釜めし」でした。おぎのやさんも
       大きな会社になられたものです。



DSC00191_convert_20170422133219.jpg 

       当然、持ち帰り用も販売されています。



     食事後、バスでしばらく走り善光寺。

DSC00198_convert_20170422133300.jpg 

       山門


DSC00199_convert_20170427144639.jpg 

       善光寺の善の文字が牛の顔になっています。それと善光寺の文字にハトが5羽
       使われて(描かれてというか隠されてというか)いますが、お分かりですか?


DSC00195_convert_20170422133336.jpg 

       本堂  本堂内では「戒壇めぐり」をしてきました

   これで三日間の旅も終わりに近づきました。
   バスで上信越道・北陸道を通って富山駅までゆきます。


DSC00214_convert_20170422133407.jpg 

       富山駅前の市電

  ここから北陸新幹線つるぎ・特急サンダーバード・特急くろしおと乗り継いで和歌山に帰りました。



   (余談)
    この三日間の旅行に行くまでの私の心の中では、「上田城」は今は天守もないし少しばかり期待できない
   気持ちがあったのですが、季節も桜でしたし思ったよりも城跡だけにしろ素晴らしいところでした。
   そんなことで旅行から帰って早速「上田城」のプラモデルをほとんど衝動的に購入してしまい、
   一息にに作り上げました。それが下の写真です。Nゲージのレイアウトにでもおきましょうか。

DSC00001_convert_20170427142521.jpg








  



スポンサーサイト
[ 2017/04/27 14:15 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

鬼怒川・日光・草津旅行

二日目

  鬼怒川温泉を出発して先ずは日光東照宮へ向かいます。
  私は過去に2回訪問したことがありますが、今回は「陽明門」、「見ざる聞かざる言わざる」そして
  「眠り猫」すべてが修復完成していてとてもきれいな状態を見ることができました。

 

      
DSC00076_convert_20170422130414.jpg 

       重要文化財の五重塔


DSC00077_convert_20170427080206.jpg 

       神厩舎にある「見ざる聞かざる言わざる」



DSC00084_convert_20170422131609.jpg 

       有名すぎる「陽明門」


DSC00092_convert_20170422131702.jpg

       「眠り猫」 きれいになった本物(修復中はレプリカを置いているそうです)

      東照宮を専門のガイドさん付きで見物した後、「竜頭の滝」「華厳の滝」を見学します。



DSC00099_convert_20170422131755.jpg 

       竜頭の滝


DSC00100_convert_20170422131848.jpg 


DSC00113_convert_20170422131953.jpg 

     「華厳の滝」 ちょっと遠くから過ぎて迫力がありませんでした。
     以前来たときはエレベーターで降りて近くまで行ったのですが、
     今回はツアーの時間の都合でここからだけの見物でした。

  さてこれから渡良瀬渓谷沿いに群馬県に入り、「草木ダム」「八ッ場ダム」などを見学して
  草津温泉に向かいます。どちらのダムも特段私(私たち)に興味のあるものではなさそうです。
  草木ダムのほうは降りてみたいという方がおられなかったので車窓から見るだけでした。
  「八ッ場ダム」のほうは作る、作らないの議論が起こったせいか皆さんバスから降りて見学されてました。
       ここには政府が作った「やんば見放台」という建設現場見学用の展望台があります。

DSC00119_convert_20170422132041.jpg 

DSC00122_convert_20170422132209.jpg 


  さていよいよ草津温泉に向かいます
  今夜の宿は「草津ナウリゾートホテル」
  ホテルに荷物を置いて、夕食前にホテルの送迎バスで草津名物「ライトアップ湯畑」を見学。
  私自身ほとんど興味がありませんでしたが、家内がぜひ行きたいというので付きあって行ってみた
  ところ、なるほどそれなりの迫力でした。

DSC00130_convert_20170422132248.jpg   
 
DSC00139_convert_20170422132422.jpg 

      湯畑の周りにもたくさんの温泉旅館があります

DSC00145_convert_20170422132457.jpg 

     さてホテルに戻り夕食と温泉を楽しむこととしましょう。
     今日はここまで。



 
[ 2017/04/27 08:10 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

鬼怒川・日光・草津旅行



 4月13日から15日の3日間、「日光・草津・鬼怒川ゴールデンルート3日間」という某旅行社のツアーに家内と二人参加しました。
 いつもは列車での個人旅行が多いのですが、日頃から行きたいと思っていた場所がたまたまこのツアーにいくつか入っていたので申し込みました。


行程は次のとおり。

一日目

 和歌山―(特急くろしお)―新大阪―(特急サンダーバード)―金沢―北陸新幹線はくたか―上越妙高 
 上越妙高駅からは観光バスで上信越道・関越道・北関東道・日光宇都宮道を経由し、鬼怒川温泉着・宿泊

二日目

すべてバス移動
 鬼怒川温泉―日光東照宮―竜頭の滝―華厳の滝―(渡良瀬渓谷沿いに)―草木ダム―八ッ場ダム―草津温泉着・宿泊

三日目

 草津温泉―上田城―長野善光寺―上信越道・北陸道―富山駅
 富山駅から再び鉄道で
 富山―(北陸新幹線つるぎ)―金沢―(特急サンダーバード)―新大阪―(特急くろしお)-和歌山




  では、一日目から

DSC00001_convert_20170424131918.jpg 

       和歌山―新大阪間乗車の特急くろしお2号 (大阪駅到着後に撮影)


 特急サンダーバードと北陸新幹線はくたかの写真は撮れずじまい。
 いきなり上越妙高駅前の観光バスの写真になります(#^.^#)。

DSC00006_convert_20170422125654.jpg 

     上越妙高駅前には観光バスがお迎えに。ここからはこれで各地を巡ります。
     とはいうものの、本日は上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)などを見ながら
     鬼怒川温泉を目指します。

DSC00011_convert_20170422125952.jpg 

      妙義山 岩山です

DSC00016_convert_20170422125841.jpg 

      赤城山 各山には名前がありますが、これ全体で赤城山

  残念ながらバス車窓の反対側だったので榛名山は撮れませんでした


DSC00040_convert_20170425151607.jpg 

      今宵の宿の「鬼怒川プラザホテル」


   私たちはオプションの「部屋食&貸切露天風呂」をチョイスしました

DSC00044_convert_20170422130133.jpg 

       なかなか趣のある露天風呂でこのような感じで貸切風呂が10室ほどあります
      しかしホテルの本館から300メートルほど歩かなければならないのには
      ちょっとびっくり。


DSC00058_convert_20170422130243.jpg 

      団体のバイキングを避けての部屋食は落ち着いて食べられます

DSC00036_convert_20170422130044.jpg 

      私たちの部屋から見た鬼怒川

  本日はここまで。明日は日光周辺から渡良瀬渓谷沿いに群馬県の草津温泉を目指します。

     
[ 2017/04/24 13:39 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

JR東西線、奈良線103系そして平等院

 いよいよ阪和線の103系も廃車(それ前提の留置も含む)も出始めてきました。
まあ今までも結構撮影してきたので今更慌てませんが、やはりなくなり始めると撮りたくなってきます。あまり最後のほうになって追いかけるのは昔から好きではないのですが、いましばらく国鉄型を細々と撮影したいと思います。

 さて先日は奈良線の103系を少しですが撮影してきました。今回はJR東西線に乗るのが目的でしたので、特に準備もなく木津に行ってきました。ということで結果的に103系をついでに写せたと言うほうが正解です。

 木津までは私の家からは阪和線・関西本線と素直に行けばよいのですが、先ほども言ったようにJR東西線に乗りたかったので、阪和・環状・東海道と乗り継ぎ先ずは尼崎へ。
 そこから東西線・片町線で木津まで直通の電車に乗りました。青春18切符を使ってですので運賃面では気楽です。

 まだ乗車したことのないJR東西線でしたが本当に地下鉄ですね。京橋から片町線に入いるとある意味ほっとしました。
 木津は高校生の時に蒸気機関車を撮影するために幾度か訪れています。その後も通過したことなどを含めて何回か来たことがあります。
IMG_0006_convert_20160902083223.jpg
 この電車で木津に。

 木津は関西本線、奈良線そして片町線の連絡駅です。大阪の京橋方面、京都方面、奈良方面そして亀山方面の4方向への線路が交わるいわゆる交通の要衝です。
  ここ、特に奈良線では私の好きな103系がまだまだ元気に活躍しています。

IMG_0008_convert_20160902144858.jpg
  木津駅を奈良方面へ出発してゆく103系

 今日はここまで乗るのが主な目的でしたが、せっかく近くまで来ているので宇治の平等院を訪れることにしました。

IMG_0011_convert_20160902145024.jpg
  宇治駅にて 京都行き103系


 
IMG_0012_convert_20160902082203.jpg
  平等院 鳳凰堂

IMG_0013_convert_20160902082415.jpg

IMG_0022_convert_20160902083349.jpg

 鳳凰堂の正面には何やら少しですが工事の足場が…。
 早々に平等院を後にして、宇治川へ。奈良線の宇治川の鉄橋で撮影。

IMG_0030_convert_20160902082606.jpg

IMG_0031_convert_20160902145132.jpg
 宇治駅に停車中の奈良行き

 奈良までは103系各停には乗らず「みやこ路快速」で。
 とても天気の良い気持ちのいい一日でした。


螳・イサ讖矩Ψ萓ソ螻€鬚ィ譎ッ蜊ー_convert_20160902152234
  帰りがけの郵便局で風景印を押印してもらいました
[ 2016/09/02 15:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ブログ再出発

 今まで使っていた某社のブログサービスがいずれ使えなくなるとのことで、当ブログで再出発することにしました。

 初回は記事と写真のアップの練習を兼ねてとにかくスタートしてみました。


117系  SG4

117系SG4編成 和歌山駅にて 2016.07.15

青緑単色になるのも時間の問題ですかね 


[ 2016/07/27 16:18 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)