「春の北海道三大岬めぐり四日間」(その2)

(続き)

 二日目は、稚内を出発し、先ずは宗谷岬、その後オホーツクラインで北海道の東側を下ります。途中、クッチャロ湖、紋別でお昼ご飯、網走・天都山を経て阿寒湖温泉まで行きます。 クッチャロ湖は日本最北のラムサール条約指定の湖で白鳥などがたくさんいます。屈斜路湖(くっしゃろ湖)と名前は似ていますが別の湖です。

 先ずは宗谷岬。 ここに来るのは2回目です。

DSC00036_convert_20180515094817.jpg

 天気が良ければ樺太がよく見えますが、この時は曇りがちで肉眼では何とか陸地らしきものが見えましたが
写真では写りません。

DSC00035_convert_20180515094728.jpg 

 モニュメントの前(上?)で記念撮影。バスガイドさんがすべての参加者を家族ごとにを写してくれます。

IMG_0018_convert_20180515094637.jpg

 江戸時代に稚内から樺太に渡った間宮林蔵の像


 DSC00038_convert_20180515094858.jpg  

 今回、気温は 3.9 度。  前回は 6月で 8.9度でした。


 宗谷岬からオホーツク海を見ながら下っていきます。
 
DSC00042_convert_20180515142957.jpg 

 オホーツク海

IMG_0023_convert_20180515095105.jpg 

 宗谷岬から約1時間でクッチャロ湖に着きます

IMG_0025_convert_20180515095430.jpg 

 我々のバスが着くとすかさず売店の方が鳥に与える用のパンを販売に来ます。
 大抵の旅行者はこのパンを購入し、白鳥をはじめとする鳥たちに与えます。
 鳥たちもそれを知っているので早くから結構近くまで寄ってきます。

IMG_0032_convert_20180515095514.jpg 

 この後、お昼ご飯を紋別の「紋別セントラルホテル」でとり、網走方面を目指します 

DSC00044_convert_20180515142924.jpg 

 途中サロマ湖の湖畔を走ります

IMG_0046_convert_20180515095900.jpg 

 網走・天都山 ここの展望台からは網走市街や知床連山、オホーツク海を望めます

IMG_0041_convert_20180515095741.jpg 

  知床方面とは反対側には網走湖、能取湖が見えます

DSC00050_convert_20180515095940.jpg 

 地図上方の湖が能取湖、下側が網走湖

DSC00049_convert_20180515143826.jpg 

 知床半島は霞んでいて見えませんでした

IMG_0044_convert_20180515095823.jpg 
 
 網走刑務所方面 白い建物の塊が刑務所  周りが塀で囲まれています


 さて今日も随分バスで走りましたが、今夜の宿のある阿寒湖温泉へ向かいます
 ホテルまでは約1時間半ほどです

DSC00052_convert_20180515100019.jpg 

 網走から阿寒湖へ向かう途中で見たキツネ

DSC00058_convert_20180515100056.jpg 

 今夜の宿 阿寒湖温泉ホテル「御前水」(写真は翌朝撮影)

IMG_0048_convert_20180517111308.jpg 

 部屋から見る阿寒湖

DSC00057_convert_20180515100124.jpg 

 夕食 「石狩鍋付き北海ご膳」


 夕食後はアイヌの民芸品のお店回り、その後、家内はマッサージ、私は部屋飲み


(続く)
スポンサーサイト
[ 2018/05/15 14:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

特急「はと」青大将セット


 以前に予約していたKATO製のNゲージモデル、特急「はと」のセットが先日到着したので試運転してみました。
5両増結セットの中の1両の車番が全く印字されていない(インレタがない状態)ことでの商品交換もスムーズに応じてもらえて気持ちよく走らせることができました。

DSC00003_convert_20180311135146.jpg 

[広告] VPS


ところで、なかなかブログの更新は難しいですね。ネタは結構あるんですが、いちいち記事にするのも…って考えてしまうと、全く前に進みません。

旅行とかに出かけたことはその時々に割合簡単に書けるんですが、日常の中からとなると、いろいろと考えているうちにネタに新鮮さがなくなってきたりして、もういいか、ということになりがちです。ホント根性ないわ。
更新上手な方はなんでも記事にしてしまいますけど、それが羨ましい限りです。

で、そこで考えたのがひとつのテーマに沿ってシリーズ化しようと。テレビ番組のある「コーナー」みたいに。
こうすると何とかブログ更新の推進力になるのではないかと思ったりします。

そこで私の選んだそのテーマとは……、「鉄道唱歌」。
私は本当にこの歌が好きで、ほとんど毎日ボニージャックスのCDを聞いています。
鉄道旅行をしながら車窓の景色を楽しんでいる雰囲気が簡単に再現され、何回聞いても飽きることはありません(私の場合)。

DSC00002_convert_20180311134101.jpg

東海道編だけでも66番まであるので、週一回その歌詞についての話や関係のありそうな写真(過去に私が写したもの)をアップしてゆくだけでも1年以上もちそうです。
それを基本にして、後はいつもの旅行、模型などの話を交えてゆきたいと思います。
区切りの良い四月からにしようかな。

DSC00001_convert_20180311134033.jpg

鉄道唱歌についてはその解説書というのか、いろいろの鉄道唱歌が出来上がるまでのエピソードが記された書物が結構出版されていて、私も何冊か読んだことがありますので、私のブログ記事の一部はそれらの受け売りになってしまう部分もあるかもわかりませんが、鉄道唱歌の楽しいところを紹介できたらなあ、と思います。勿論あまり難しいことは書こうとはせずに、思ったことを少しづつ。

ブログ更新のためだけの理由で、こんな大きな目標を掲げて果たして続くのでしょうか?それは私にもわかりません。三日坊主ならぬ三番坊主かもわかりませんが、とりあえずスタート!
 
今回は鉄道唱歌・東海道編について簡単に説明。

正式名称:地理教育鉄道唱歌
1900年(明治33年)に発表
作詞:大和田建樹(おおわだたけき)
作曲:多 梅稚 (おおのうめわか)…有名なメロディの方
歌詞内容は駅名を中心にその沿線の名所、歴史、地形などが盛り込まれている

以上、本当に簡単に。いろいろな本がでていますので興味のある方はお読みになってはいかがでしょうか。


[ 2018/03/11 13:49 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

「山陰本線 とある風景(湯玉駅付近)」ジオラマ その2

(続き)

DSC00006_convert_20171009164831.jpg 

 家屋ですが、そのままただ配置するだけでは面白くないので、障子戸を半分開いた状態に改造しました。少しのことで情景に動きが出ます。

DSC00007_convert_20171009164900.jpg 

       同時に障子らしく白い紙を張ってみました
       家の中が見えてしまうので簡易に床と天井も作りこみました(写真ではわかりませんね)


 農具小屋的な建物も配置。いろいろなところの部品からの寄せ集めです。

DSC00003_convert_20171009164930.jpg 

       井戸のポンプは家屋の台座に付いていたものを切り取って使用


 線路の向こう側の電柱はすんなりと立てましたが、線路手前の電柱はどうするべきか。

DSC00004_convert_20171009165000.jpg 
   
       電柱はプラモデルのランナーを適当な長さに切って製作
       碍子、変圧器などはNゲージのものを使用

DSC00005_convert_20171009165036.jpg 

       手前の土手下に電柱を立てるかどうか考え中。


 写真にできるだけ忠実にするなら立てるべきですが、車両展示台も兼ねているので手前にあればちょっと目障り。
 しかし写真忠実優先で立てることにしました。でもここだけ特別にこだわることはないんですけどね。そもそも家屋の形も小屋の形も言ってみれば違うんだし。

DSC00001_convert_20171009165121.jpg 

       熟考?の上、立てることに決定! 立てればそれなりの効果がありそう。

 電柱を立てた限りはまあ簡単な電線でも家に引き込みたいところ。


DSC00002_convert_20171009165150.jpg 

       写真ではちょっと見えにくいですが、勝手口の上に引き込みを。

DSC00006_convert_20171009165225.jpg 

DSC00008_convert_20171009165251.jpg

 それから家の左右に垣根も作ってみました。

 地面に直接立てた物干し場は昔よく見た風景。
洗濯物を物干し竿に通して、二股になった棒竿で掲げます。

DSC00001_convert_20171009165330.jpg


 模型でも物干し竿には洗濯物があればいいなあ、ということで紙やアルミホイルで着物やタオルを作りました。
なんとなく感じがでてると思いませんか(自己満足の世界)。

DSC00002_convert_20171009165411.jpg

(続く) 

[ 2017/10/10 10:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)