滋賀の旅

 9月3日、4日の二日間で滋賀は琵琶湖周辺と京都に行ってきました。
 和歌山から滋賀は近いほうなので一泊してゆくにはちょっともったいないような気分でしたが、ゆっくりといろいろなところを回ることができました。

一日目

 この日は、余った青春18切符を使います。和歌山から東海道本線の石山まで乗車して
先ずは石山寺。ここは「西國第一三番」のお寺です。 私は過去に2回行ったことがありますが家内は初めてです。
参拝者も割合少なくゆっくりと境内を巡ることができました。

IMG_0001_convert_20170917204902.jpg 

   JR石山駅隣接の京阪石山駅から京阪石山寺駅まで京阪石山坂本線に乗車、初めてこの線に乗りました


IMG_0012_convert_20170917205131.jpg 

       石山寺東大門  石山寺駅からここまでは徒歩10分ほどです

IMG_0005_convert_20170917205012.jpg 

       本堂 この日は参拝者は割合少なかったようです 堂内は静かで厳かな雰囲気です

IMG_0008_convert_20170917205054.jpg 

       国宝の多宝塔   以前来たときはどの方角から写真を撮っても樹木が入りこんで
      きたように記憶しているのですが、今回はすっきりとした写真が撮れました

 ところで、今までいろいろな神社仏閣を回りましたが、御朱印なるものにはあまり興味がありませんでした。しかし
今回は家内の提案(ひらめき)で御朱印帳を購入することに。
 西国三十三ヶ所用ではなく普通のものにしました。これならこだわりなく訪ねた寺社で気軽に御朱印をいただけます。

DSC00107_convert_20170917212323.jpg 

DSC00108_convert_20170917212355.jpg 

       購入した御朱印帳に早速御朱印をいただきました 
 

 石山寺を後にして、草津に行きます。ここでお昼ご飯です。一度前から行きたかったとろろ料理の「木波屋雑穀堂」。
以前、旅番組(鉄道・絶景の旅)で見たことがあり、旅雑誌へも時々掲載されているお店ですが、ともすれば通り過ぎて
しまうような裏路地にある古風なお店です。
ランチには「木波御膳」がおすすめかな。草津駅からは徒歩約10分です。


IMG_0022_convert_20170917205339.jpg 

     「木波屋雑穀堂」さんへ行くまでの道は旧東海道です  写真は草津宿のあった所です

IMG_0024_convert_20170917205411.jpg 

       草津宿本陣 東海道筋で唯一完全な姿で保存されているそうです

DSC00013_convert_20170917210618.jpg 

     その草津宿本陣の近くの小さな交差点を曲がると「木波屋雑穀堂」。
    思っていたよりも細い路地で、お店も目立ちません

DSC00006_convert_20170917210441.jpg 

       ガイドブックなどによると築110年以上の町家と紹介されています
      私たちは開店後、一番目のお客でした   
      写真は私たちの席から入り口(玄関)のほうを写したものです

DSC00003_convert_20170917210338.jpg 

       私たちが座った一番奥のテーブル、というかお膳というほうが適当なのか、そこからは
      庭が見えます  なかなか良い雰囲気です

DSC00004_convert_20170917210413.jpg 

       いつものことながら、先ずは一杯です

DSC00010_convert_20170917210525.jpg 

       きました、これが「木波御膳」  揚げとろろなども付いています

DSC00011_convert_20170917210551.jpg 

       このお店は各地の地酒もおかれているので、私は滋賀県の「天井川」を飲んでみました
    

  ゆっくりと食事をして、お店を後に駅に向かいます。
 草津といえば「うばがもち」。二人で食べられる分を駅前のお店で購入。

DSC00014_convert_20170917210648.jpg

DSC00024_convert_20170917210939.jpg 


 次は安土駅へ。駅前の安土城郭資料館を訪ねます。思っていたよりも小さな建物でしたが信長好きの方は一度は行ってみるとよいでしょう。ここ安土駅付近には織田信長ゆかりの地らしく、ほかにも訪ねてみたい場所がありますが、時間の都合で今回はここだけ。

DSC00025_convert_20170919081022.jpg 

       安土駅は一部工事中  この駅舎の反対側に安土城郭資料館があります
      案内に従って地下連絡道で線路をくぐります

DSC00021_convert_20170917210910.jpg 

       安土城の20分の1の模型がこの資料館のメイン


DSC00017_convert_20170917210743.jpg 

       一定の時間ごとに左右に分割され、内部の構造を見ることができます

DSC00016_convert_20170917210715.jpg 

       上の写真と反対側  赤い層の部分にちょこんと座っている人形は信長公でしょうか

DSC00020_convert_20170919082237.jpg 

       小さな資料館ですが信長ゆかりのものが収められています

DSC00019_convert_20170917210809.jpg 

       紙人形が多く展示されていました    扇にはあの有名な「人間五十年…」の言葉が

 安土城郭資料館の喫茶コーナーでアイスコーヒーと、先ほど草津で買ったうばがもちをいただきます。「持ち込みの食べ物オーケーですか?」と尋ねると快く「いいですよ」という返事をいただきました。ただし「お弁当などはちょっと」ということでした。


 さてここからいよいよ長浜に向かいます。

DSC00027_convert_20170917211005.jpg 

       車中から見る伊吹山   ガラスの反射がまずいですね  

 長浜駅に到着後は先にホテルにチェックインし、黒壁スクエア等を訪ねます。その道すがら長浜鉄道スクエアにも寄りました。
 長浜には何度も来ていますが、実際観光で来るのは初めてです。いつもは鉄道撮影ですので、街中を歩いたことはありません。

 黒壁スクエアは多くの観光客で賑わっていました。家内もガラス細工などを多数購入していました。私はホテルでの夕食を楽しみに、食べ歩きの一杯飲みを我慢してひたすらつきあっていましたが、朝から結構歩いたので少々疲れてきました。
 買い物に夢中だったのと疲れたのとで、黒壁スクエアで撮影した写真は一枚もありません。

DSC00045_convert_20170917211135.jpg 

       長浜鉄道スクエア


DSC00029_convert_20170917211033.jpg 

       館内には 北陸本線委ゆかりのあるED70やD51が展示されています

DSC00042_convert_20170917211107.jpg 

 そこで私の撮影した唯一の現役時代のED70の写真を探してみました  懐かしい写真です      

11-・・・、・暦シ撰シ托シ舌ヶ繝ュ繧ー逕ィ_convert_20170915120653 

   ED7010 向こうはEF70  田村駅  1974(昭和49)年1月2日撮影

 長浜城((歴史博物館:模擬天守)を回ってホテルに向かいます。なかなか琵琶湖畔もいいものです。今までにも長浜は鉄道撮影のために何回も来ていますが、市内をゆっくり散策するのは初めてなのでとてもいいところであることをあらためて知りました。

DSC00052_convert_20170917211206.jpg 

       長浜城(模擬天守)  歩き疲れたので上りませんでした

DSC00055_convert_20170917211235.jpg 

       琵琶湖畔に結構近いところにあるのに初めて気づきました

DSC00057_convert_20170917211310.jpg 

       琵琶湖畔から見た「長浜ロイヤルホテル」 
 

 ホテルは「長浜ロイヤルホテル」。 今夜はここに宿泊します。
 琵琶湖一望、長浜港へも歩いて5分、市内観光にも便利なホテルです。

IMG_0042_convert_20170917205218.jpg 

IMG_0032_convert_20170917205455.jpg 

IMG_0051_convert_20170917205558.jpg

 明日は、長浜港から竹生島に向かいます。
スポンサーサイト
[ 2017/09/17 21:42 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する