姫路城プラモを作る

 毎日寒い日が続きます。休みの日でも外に出るのが億劫になりますね。
 そんな日のささやかな楽しみのひとつ……プラモ作り。今回鉄道とは直接関係なし。

 Nゲージ固定レイアウトの背景用にと小さなお城のプラモデルを以前からいくつか購入していたのですが、なかなか組み立てる機会がないので、そのうちの一つを選んで組み立てました。
 「童友社 日本の名城JoyJoyコレクション 姫路城 1/800」です。


DSC00002_(1)_convert_20180113145815.jpg

 ネットなどで見ていると本当に上手にプラモデルを組み立てている方が居られますよね。
 私などは集中力が持続しないのと、もともとめんどくさがり屋なのかというのが手伝い、まあいいか、でプラモデルを組み立ててしまう傾向があります。作るのは好きなんですけどね。 特に今回のように小さなプラモデルになるとその傾向は顕著です。

 でもまあ何とか下手は下手なりに石垣に色入れをしたり、壁や屋根を塗装したりとちょっと手を加えるだけで素組するよりも確実に自分の気に行ったものに近づけることができます。
 

DSC00001_convert_20180113143455.jpg 

     石垣は一コマづつ色入れをしてみました
     これだけでも随分感じが変わります

DSC00002_convert_20180113143522.jpg 

     緑色のパウダーや砂利はNゲージ用のものを使用
     城壁は艶消しホワイト、屋根はライトグレーを吹いて(スプレー塗装)います

DSC00003_convert_20180113144720.jpg 

     遠めから見れば何とかしのげますが…

DSC00006_convert_20180113143628.jpg 

     このあたりから…

DSC00007_convert_20180113143712.jpg 

     組み立ての(立て付けの)悪さが目立ってきますね

DSC00008_convert_20180113143743.jpg 

     自分としては「まあまあ」の出来です

DSC00009_convert_20180113143826.jpg 

     完成した姫路城の高さは百円ライターよりも低いんですよ
     何しろ800分の1ですから

 三日間(実質は6時間程度)楽しむことができました。

スポンサーサイト
[ 2018/01/13 15:17 ] 番外編 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する