西伊豆土肥町「富嶽群青」に宿まる(その4)

(続き)

 二日目の朝ですが、今日も晴れてはいるのですが、少し霞んでいます。

IMG_0076_convert_20180423115324.jpg


 さて、朝食の時間です。
 私たちは九時ごろには宿を出たいので、食事の時間を無理を言って少し早めていただきました。
 スタッフの方々の心遣いもあり、ゆっくりといただくことができました。
 

DSC00079_convert_20180415101827.jpg 

DSC00080_convert_20180415101857.jpg 

     和食です。一見少なく見えますが、お腹いっぱいになりました。

DSC00083_convert_20180415101933.jpg 

 食後は出発の準備をしながら、この部屋からの最後の富士山を眺めます。
 駿河湾はまさに「群青」色でした。   

IMG_0080_convert_20180423115402.jpg 

 フェリー乗り場まで、また宿のスタッフが車で送ってくれます。

IMG_0084_convert_20180414160427.jpg 

 今日もフェリー「富士」号で清水港に戻ります

DSC00085_convert_20180423120255.jpg 

 清水港には今日は「STAR LEGEND」が入港していました。
 別の大型豪華客船も港外で入港待機をしていたようです。


 清水港-清水駅間のシャトルバスで一旦清水駅に戻り、清水駅付近の「清水魚市場 河岸の市」あたりの
海鮮食堂でお昼にする予定でしたが、宿の朝食がたっぷりでまだお腹が空いていませんでしたので、そのままタクシーで
日本平に行きました。

IMG_0085_convert_20180423115444.jpg 

  日本平から見る富士山なのですが、やはり霞んでいてよく見えません

DSC00088_convert_20180424160622.jpg 

  こういう風に見えればよかったんですが…

IMG_0088_convert_20180423115523.jpg 

    レンズをアップにしてみると、少しだけ白が濃いところが富士山の雪(頂き)の部分です

DSC00090_convert_20180423115953.jpg 

 日本平から久能山へロープウェイで移動します。

DSC00091_convert_20180423120520.jpg 

  ロープウェイの窓からは駿河湾に面した「いちご海岸通り」のビニールハウスなどが見えます

DSC00094_convert_20180423120053.jpg 
  
   ロープウェイ久能山側乗降場からはそのまま久能山東照宮の境内につながっています

IMG_0091_convert_20180423115604.jpg 

  久能山東照宮「桜門」

DSC00096_convert_20180423120123.jpg 

  「日枝神社」



IMG_0092_convert_20180423115642.jpg 

  階段が非常に多いですので杖を借りている方も多かったです   写真は「唐門」

IMG_0094_convert_20180423115756.jpg 

  「御社殿」権現造の国宝に指定されています
  この本殿の裏手に少し入った所に、徳川家康が西向きに葬られたという「神廟」があります

  再び久能山側から日本平にロープウェイで戻り、静岡駅までは路線バスがありますのでこれを
  利用します。 
  とてもいいタイミングでバスがあり、予定通りの「ひかり475号」に乗ることができました。


DSC00098_convert_20180423120155_convert_20180423121716.jpg 



DSC00099_convert_20180423120224.jpg 

 とりあえず「自由席」を取っていたのを「グリーン」に変更しました。これで楽に帰れます。

 今回の旅行は、「富嶽群青」に泊まりに行くことが目的でした。うまくいけば富士山が見えるかな、と
いう感じでしたが、霞んでいたにせよ天気も良くとにかく富士山が見えてラッキーでした。
久能山も一度訪れてみたい場所のひとつでしたのでその機会に恵まれました。
 またほかにもこのような富士山の見える露天風呂付き部屋のあるお宿を探してみたいと思います。


(終わり)


スポンサーサイト
[ 2018/04/23 12:19 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する