FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鉄道唱歌 二 ~ 三番


東海道編 二

右は高輪泉岳寺
四十七士の墓どころ
雪は消えても消えのこる
名は千載の後までも

四十七士といえば、当然赤穂浪士の討ち入りですが、これに関連の三波春夫の浪曲「俵星玄蕃」の歌詞(というか台詞)、「『先生!』」『おおっ、そば屋か!』」を思い出します。唱歌2番はさらりと行きます。泉岳寺も行ったことないし。



東海道編 三

窓より近く品川の
台場も見えて波白く
海のあなたにうすがすむ
山は上総か房州か

海のあなたに「臼が住む」ではなくて「薄霞む」です、念のため。

蜩∝キ晢シ域擲莠ャ讖滄未蛹コ・雲convert_20180314094617

 田町~品川間にあった東京機関区。東京機関区には主に旅客列車用の機関車が配置され、電車は田町電車区、客車は品川客車区に配置されていました。それとは別に品川機関区というのもあったそうです。
 写真は昭和58年に撮影。機関区のそばにあった高層マンション?の上層階から撮影したものです。


蜩∝キ晞ァ・€€EF・包シ假シ托シ・・具シ費シ論convert_20180505153137 

 品川駅 このEF58の重連回送は人気がありました  宇都宮区(田端だったかもしれません)のEG付と
 宮原区のSG付きとの組み合わせでした
 撮影:昭和59年1月 



スポンサーサイト
[ 2018/05/05 15:37 ] 番外編 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。