FC2ブログ

「春の北海道三大岬めぐり四日間」(その3)


(続き)

 三日目は阿寒湖温泉をスタートし、ペンケトー・パンケトーを車窓から見物し、先ずは摩周湖に向かいます。そこから
風蓮湖、日本最東端の駅JR東根室駅、納沙布岬を見ました。


DSC00059_convert_20180523135644.jpg

 阿寒湖温泉を朝の7時40分出発です。

 ペンケトー・パンケトーは小さな湖ですが、樹木が鬱蒼とした中にあり、あまりはっきりと見えませんでした。
なので写真はありません



IMG_0053_convert_20180523135806.jpg 

 一時間ほどで摩周湖に到着です。「霧の摩周湖」で有名ですが、この日は晴れていてよく見えました。

IMG_0054_convert_20180523135911.jpg 

 摩周湖は勾玉に似た形をしています。勾玉の穴にあたるところに島(カムイシュ島)があります。

IMG_0062_convert_20180523143751.jpg 

 朝早く気温が低かったので樹氷を見ることができました。我々が着いて間もなくからその樹氷も
融け出し、日にあたってキラキラと綺麗でした。

IMG_0069_convert_20180523140134.jpg 

 摩周湖から次の風蓮湖に向かい途中で鶴を見ました。つがいではなく一羽の子供の様です。

IMG_0071_convert_20180523140226.jpg 

 この湖にもたくさんの白鳥がいる予定でしたがなぜか一羽も見られませんでした


IMG_0073_convert_20180523140301.jpg 

 風蓮湖とオホーツク海を区切るように伸びる砂州「春国岱」


IMG_0076_convert_20180523141233.jpg 

 根室に向かいます  その車窓には微かながら国後島が見えます


IMG_0077_convert_20180523141358.jpg 

 根室市内に入るとこのような看板が……。地元の北方領土返還の熱意の表れでしょうか


IMG_0079_convert_20180523141457.jpg 

 日本最東端のJR駅「東根室」 根室駅ではなくここが最東端です


IMG_0080_convert_20180523141536.jpg 

IMG_0081_convert_20180523141613.jpg 

 ここは廃線ではなく生きた線路です  ダイヤが疎密なので列車の走行シーンは一度も見ませんでした


IMG_0085_convert_20180523141710.jpg 

 いよいよ納沙布岬に到達しました  海のすぐそこはロシアの領海です


IMG_0086_convert_20180523141746.jpg 

 「貝殻島」歯舞諸島のひとつです  灯台だけが立っているような島です
この島と納沙布岬の中間点が二国の国境ということになります


IMG_0088_convert_20180523141820.jpg 

 根室半島の先端部に位置する納沙布岬に立つ灯台。北海道最古の灯台でもある納沙布岬灯台


IMG_0091_convert_20180523141851.jpg 

 「四島(しま)のかけ橋」の下には「祈りの火」と呼ばれる点灯台があります


IMG_0093_convert_20180523142004.jpg 

 「四島(しま)のかけ橋 」 世界平和と、いわゆる北方領土返還を祈念するために作られたシンボル像。
高さ13m、底辺の長さ35m。

IMG_0092_convert_20180523141932.jpg 

 望郷の塔 オーロラ・タワーとも呼ぶそうです。以前は平和の塔とも。
展望台から北方領土を一望できるそうですが、今回は時間の関係で?登りませんでした


DSC00089_convert_20180523142142.jpg 

 ここで昼食 何かというか正にというか「プレハブ小屋」ですが、中は食堂と土産物屋があります


DSC00087_convert_20180523142213.jpg 

 昼食は「松華堂ご膳」

DSC00062繝悶Ο繧ー逕ィ_convert_20180523150741 

 今、地図の赤い矢印のところにいます

 納沙布岬を後にして厚岸、釧路湿原を見て今夜の宿泊地の十勝の幕別に向かいます


IMG_0102_convert_20180523142455.jpg 

  「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」 道の駅みたいなものです


IMG_0099_convert_20180523142348.jpg 

 「厚岸味覚ターミナルコンキリエ」から見た厚岸の街並み


DSC00091_convert_20180523142532.jpg 

 「釧路湿原」 湿原の中を川がくねって流れるというポスターで見るような光景ではありませんでした
そういう光景はもっと高いところから(ヘリコプターとか)からでないと見られないようです


IMG_0105_convert_20180523142423.jpg 

 釧路湿原(上の写真と同じ場所) 北斗展望台というところから見ています

IMG_0110_convert_20180523142625.jpg 

 さていよいよ本日の予定も終わりホテルに向かいます
道すがら、鶴の姿も見えます  鶴が見えれば観光バスは徐行あるいは停車してくれます
これはつがいです


DSC00097_convert_20180523142715.jpg 

 本日の宿の「十勝幕別温泉グランヴィリオホテル」


IMG_0119_convert_20180523142800.jpg 

 ホテルの窓から見える十勝の町 いかにも北海道らしい風景でした


(続く)

スポンサーサイト
[ 2018/05/17 11:40 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する