スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日根野区 117系 SG4

 もう今年も残り僅かになってきました。
近くに撮影に行ったり鉄道模型を購入したりとネタは結構あるのになかなかアップできずじまいです。
 アップの仕方も忘れそうなくらいです。
取り敢えず直近のネタで単色に塗り替えられたSG4編成。
このブログの最初のページの写真に写っているものからの塗り替えです。

DSC00005縺カ繧阪$・胆convert_20161225120023

DSC00004ブログ1
和歌山駅にて 2016年12月21日


DSC00006ブログ3

 阪和線もさることながら、大阪環状線の新型車両もデビューしましたし、国鉄型がだんだんなくなっていきます。 
色塗り替えでも国鉄車両が残っているのは幸いですかね。
[ 2016/12/25 11:38 ] 鉄道車両撮影 | TB(-) | CM(0)

「平湯温泉の旅」


 今週はじめ、家内と二人で岐阜県は平湯温泉に行ってきました。
一泊二日ですので、あまり欲張らず見物先は高山駅周辺の散策、「新穂高ロープウェイ」等に限定。そして宿泊した旅館「深山桜庵」も楽しみのひとつです。
 その前の楽しみは大阪―高山間に運行されている一日一往復の「ワイドビューひだ」号。これにも今のうちに乗っておかなければなりません。いずれ大阪発着はなくなるでしょうから。

DSC00007_convert_20161109154159.jpg 

キハ85系 気動車独特のサウンドを発しながら東海道本線を上ります


DSC00009_convert_20161109191457.jpg 

緩行との追い抜きなども京都までの楽しみのひとつです

DSC00017_convert_20161109191705.jpg 

列車旅の駅弁は格別!朝からのビールもうまい!

DSC00029_convert_20161109191831.jpg 

今日は伊吹山もきれいに見えます


 和歌山から特急くろしおに乗った関係で、厳密には新大阪からの乗車ですが、大阪発の「ワイドビューひだ25号」(4両編成)に乗ります。この列車は岐阜で名古屋からくる「ワイドビューひだ5号」(6両編成)と併結し高山方面に向かいます。
 この二つの列車の岐阜での併結作業も楽しみでした。
 関空快速と紀州路快速が日根野駅で日常茶飯行っているような単純なものではなく、なくなかなか面白みがあります。

 まず大阪から岐阜に到着した「ワイドビューひだ25号」(以下ワイドビューの言葉を省略)は、岐阜駅の3番線に入ります。そこで乗客の乗降を行った後、連結の作業員が乗りこみ、一旦大阪寄りの引き上げ線にバックして待機します。この時隣の4番線には豊橋行きの快速列車が停車していましたがすぐに発車してゆきます。
 引き込み線に引き上げて停車したひだ25号は前面の貫通幌などの点検・準備をします。
 その時にはすでに名古屋からの「ひだ5号」が岐阜駅の4番線に姿を見せており、到着後、乗客の乗降を行います。
 引き込み線から4番線へのポイントが切り替わり、「ひだ25号」はゆっくりと4番線に停車中の「ひだ5号」に向かって近づいて行きます。連結前の一旦停止を2度行い、そのあと連結。作業員が双方の列車の幌をつなぎ車両間の渡板もおろされ安全に行き来できるようになりました。ここからは10両編成で高山方面に向かいます。
 因みに高山ではまた分離が行われ、名古屋からの6両は終着の飛騨古川へ向かいます。

DSC00031_convert_20161109192054.jpg 

岐阜での併結後の「ワイドビューひだ」  我々の車両はワイドビューではなくなりました



IMG_0001_convert_20161109193633.jpg 

12時22分 高山に到着  ここでまたもとの2編成に切り離されます



 約2時間高山駅周辺を散策しました




 先ずは高山郵便局に行き風景日付印を押してもらいます




_convert_20161109193309.jpg 
 その後あるお店で「高山ラーメン」と「飛騨牛串焼き」のお昼ご飯。

DSC00034_convert_20161111095816.jpg 

あっさり系です 高山ラーメン おいしいです

IMG_0005_convert_20161109193718.jpg 

宮川には鯉が…大きな金魚みたいです

IMG_0019_convert_20161109192149.jpg 

高山陣屋

IMG_0009_convert_20161109192236.jpg 

高山陣屋内の庭園

IMG_0025_convert_20161109192314.jpg 

飛騨国分寺にも行きました


 さていよいよ高山市内から平湯温泉郷に向かいます
 「濃飛バス」で約1時間です

DSC00085_convert_20161109191927.jpg 

 宿泊した「深山桜庵」入り口

DSC00083_convert_20161111092036.jpg 

「深山桜庵」玄関口

DSC00039_convert_20161109192020.jpg 

  部屋に付いているお風呂
  私は大浴場には行かず、ここに入りました
  少々体調不良ぎみでしたので……家内は大浴場を楽しんできたようです


 夕食はとても落ち着いた雰囲気で味わうことができました
 次々と献立に沿って給仕してくれます

DSC00045_convert_20161111100117.jpg 

 食前酒とともに最初の「口とり八寸」

DSC00049_convert_20161111095940.jpg 

 中盤の「焼き物」

DSC00064_convert_20161111100038.jpg 

 続いての「飛騨牛すき焼風鍋」

この後も牛飯などデザートまでで、お腹パンパンです

この夜は若干体調不良だったので早い目に床に着きました
旅館でのサービスの高山ラーメンは食べずじまいです。残念!



翌朝、天気予報通り、天気は悪そうですがまだ雨は降っていないようです

DSC00078_convert_20161111091958.jpg 

朝食 ちょっと少なそうに見えますがご飯おかわり、お味噌汁おかわりありでこれまた満腹。

旅館を後にして今日は新穂高ロープウェイに乗りに行きます

IMG_0030_convert_20161109192446.jpg 

旅館から歩いて5分の所にある平湯バスターミナル
ここからロープウェイまではバスで約30分です


その前にバスターミナルの前にある平湯温泉郵便局で風景日付印を押してもらいます

_convert_20161109193333.jpg

 さてロープウェイに来ましたが… 

DSC00086_convert_20161109192729.jpg 

IMG_0032_convert_20161109192616.jpg 

ご覧の通りです
またの機会に訪れることにしましょう

帰りは名古屋行き「ひだ」と新幹線を乗り継いで帰りました

DSC00102_convert_20161109192829.jpg 

高山発16時32分 ひだ18号名古屋行きです




                                       

[ 2016/11/11 10:22 ] 旅行 | TB(-) | CM(2)

高野山

 某旅行会社の日帰りでお手軽な高野山へのバスツアーがあったので家内と一緒に参加しました。
今はやり?の…真田幸村。 和歌山県内の真田幸村ゆかりの地といえば、そう高野山です。
 
 そのツアーでは「九度山真田ミュージアム」、蓮華定院が主な訪問地です。
 お昼ご飯は宝城院で精進料理。そのあとは高野山専門ガイドさん付きで奥の院へのお参りです。

 高野山へは過去に何回も行ったことはありますが、蓮華定院や宝城院は初めてで、奥の院も今回ガイドさんの
おかげで今までさらりと通り過ぎていたところもくまなく見ることができました。

 私は特段、真田幸村に興味があるわけではありませんでしたが、今回は普通なら行くことのないような
寺院などの参拝もできてよかったかな、という感じです。
 
 「九度山真田ミュージアム」は九度山にあるのですが、そこから高野山までは南海電車の「天空」に」乗車。
むしろこちらのほうがこの日帰り旅の目的だったのかもしれません。
 

blog1_convert_20160913111850.jpg

        「九度山真田ミュージアム」入り口

blog2_convert_20160913112110.jpg
 
        九度山から極楽橋までは「天空」に乗車。

blog3_convert_20160913112213.jpg

        50‰の勾配を、しかも多くの急カーブを車輪をきしませながら登ります

blog4_convert_20160913112314.jpg

        極楽橋からはケーブルカーで高野山駅へ(写真は高野山駅到着時)

blog5_convert_20160913112400.jpg

        高野山駅 平日ですが結構観光客で賑わっています

blog6_convert_20160913112528.jpg

        蓮華定院  「上段の間」  ここで草刈正雄いやいや真田昌幸たちがぼそぼそと話をしたのでしょうか

  蓮華定院は関ヶ原の戦い後、真田昌幸・幸村父子が蟄居を命ぜられ、滞在した寺。
真田幸村はじめ真田家ゆかりの寺院です。  

blog7_convert_20160913112702.jpg

        蓮華定院の庭園  きれいな庭も見どころです

blog8_convert_20160913112913.jpg

        宝城院の庭  この寺院で精進料理の昼食をいただきました

宝城院も行ってきてから調べてみれば、結構由緒ある名刹でした。
  ここでは受け売りになりますので説明は省きますが、興味のある方は一度調べられてはいかがでしょうか。


  NHKの大河ドラマの放送があってこそ、みたいなバスツアーでしたがなかなか新鮮でした。
 「天空」に乗車するのも今回初めてでしたので。


[ 2016/09/13 13:45 ] 日帰り旅行 | TB(-) | CM(0)

JR東西線、奈良線103系そして平等院

 いよいよ阪和線の103系も廃車(それ前提の留置も含む)も出始めてきました。
まあ今までも結構撮影してきたので今更慌てませんが、やはりなくなり始めると撮りたくなってきます。あまり最後のほうになって追いかけるのは昔から好きではないのですが、いましばらく国鉄型を細々と撮影したいと思います。

 さて先日は奈良線の103系を少しですが撮影してきました。今回はJR東西線に乗るのが目的でしたので、特に準備もなく木津に行ってきました。ということで結果的に103系をついでに写せたと言うほうが正解です。

 木津までは私の家からは阪和線・関西本線と素直に行けばよいのですが、先ほども言ったようにJR東西線に乗りたかったので、阪和・環状・東海道と乗り継ぎ先ずは尼崎へ。
 そこから東西線・片町線で木津まで直通の電車に乗りました。青春18切符を使ってですので運賃面では気楽です。

 まだ乗車したことのないJR東西線でしたが本当に地下鉄ですね。京橋から片町線に入いるとある意味ほっとしました。
 木津は高校生の時に蒸気機関車を撮影するために幾度か訪れています。その後も通過したことなどを含めて何回か来たことがあります。
IMG_0006_convert_20160902083223.jpg
 この電車で木津に。

 木津は関西本線、奈良線そして片町線の連絡駅です。大阪の京橋方面、京都方面、奈良方面そして亀山方面の4方向への線路が交わるいわゆる交通の要衝です。
  ここ、特に奈良線では私の好きな103系がまだまだ元気に活躍しています。

IMG_0008_convert_20160902144858.jpg
  木津駅を奈良方面へ出発してゆく103系

 今日はここまで乗るのが主な目的でしたが、せっかく近くまで来ているので宇治の平等院を訪れることにしました。

IMG_0011_convert_20160902145024.jpg
  宇治駅にて 京都行き103系


 
IMG_0012_convert_20160902082203.jpg
  平等院 鳳凰堂

IMG_0013_convert_20160902082415.jpg

IMG_0022_convert_20160902083349.jpg

 鳳凰堂の正面には何やら少しですが工事の足場が…。
 早々に平等院を後にして、宇治川へ。奈良線の宇治川の鉄橋で撮影。

IMG_0030_convert_20160902082606.jpg

IMG_0031_convert_20160902145132.jpg
 宇治駅に停車中の奈良行き

 奈良までは103系各停には乗らず「みやこ路快速」で。
 とても天気の良い気持ちのいい一日でした。


螳・イサ讖矩Ψ萓ソ螻€鬚ィ譎ッ蜊ー_convert_20160902152234
  帰りがけの郵便局で風景印を押印してもらいました
[ 2016/09/02 15:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

Nゲージミニジオラマ

    数日間連休だったのでNゲージの余った部品を使ってミニジオラマを作ってみました。製作期間は5日間ほどです。まだまだ細部までこだわって作れそうですがひとまずアップしてみました。

DSC00504_convert_20160808150724.jpg





[ 2016/08/08 15:32 ] 鉄道模型 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。